悶えた〈後日談〉



身の上話でございます。

先々週、旅行先の宿で 過呼吸をおこしたレポ を書きました。




《 概 略 》

昨年、心臓が喉から出る感じの いままで味わったことのない変な動悸



クリニックAで心電図と胸部レントゲンをうける。
「期外収縮」といって誰にでもあること。



先月、喫茶店で変な動悸。布団の中で怯える。
(このとき寝不足でコーヒーを飲んでいた)



ひょっとして、心臓疾患なのでは…?あれ?胸が常に息苦しいかも。
念のためカフェインを断つ



不安をかかえたまま 旅行先で コーヒーゼリーパフェ を食べる
(ひとくちならいいよね!)



食べてもうた!カフェイン!
食べてもうた!食べてもうた!…………uwwwwwwww



宿に到着2分前に心臓がバクバクし呼吸が変に。
手足が冷たくなり痙攣。ロビーで倒れる。救急車。
(あ、やっぱ心臓がおかしかったんだ。もう詰んだな。)



救急隊「いままでに過呼吸になったことありますか?」
(あ、これが過呼吸なんだ)



帰りの飛行機の中でも uwwwwwww ってなりかける。
(アプリの桃太郎電鉄で気を紛らわして発作回避。ちなみにわたしの名前は 過呼吸社長。夫は 出前館社長。)


…………………….


心臓疾患への疑い が不安で パニック発作がおきる、という このバクバクは 卵かい?鶏かい?のような状態になっていて

とにかくこの胸の変な感じの由来だけでも「わかりたい」わかれば、もう発作がおきようとシンドかろうとどうでもいい。

と、別の循環器クリニックにいってきました。


来月から長野の山小屋に住み込むので 気持ちよく出発したかったのです。


・ふつうの心電図
・24時間心電図
・採血
・心臓エコー


と、もう死角なしの 心臓フルコースをやってきました。


「え?今月末に引っ越すの?….うわ〜・・・どうしようかな。もっと早くきてくれればよかったのに。」と心臓エコーの予約ファイルを繰る先生。


………………


けっこう驚いたことがあって、

エコーの予約をとった足で 例の整体 にいったのだけど、整体師さんはわたしの足を探っただけで

「自分で自分の心臓をしめています」

と言ったんよ。


胸が苦しいことも、過呼吸のことも何も伝えていないのに!よ?

なんでわかるんですか!? と興奮して 胸の違和感、青森のコーヒーゼリー事件、を話すと 大爆笑する整体師さん。

「だいじょうぶ!(爆笑) 死なない死なない。
死ぬ人ってのは、○○(聞き取れなかった) が落ちてくるんですよ。
あなたはまったく落ちてないから。

こちらからしたら、ほほえましいくらいですよ。

長野に行って これからだというのに..

自分で自分を絞めている状況です…

もったいない..ですね…」


と足を真剣に押し続ける整体師さんであった。


安心して涙がでてくる儂


………………


きのう、土曜日。休診日。

受付さんのいないクリニックに入る。


患者のいない病院。疲れ切った先生。
お忙しい中なのに、わたしのエコーと他の検査結果を説明してくださる先生。
最近は患者がおおくて休診日も働いているそうな。




「ん…? ここか…?」


え? (ドキッ …. バクバクバク)



エコーの時の「ん?ここか?」の破壊力たるや。



長かった15分くらいやっていたかも。



「エコーで見る限り大丈夫でしたよ。」



ほっ。


わたしの心臓動画は録画されていて「ここが右心房、ここが右心室」「ここの動きが悪いと動脈硬化を疑うんだけど」など、ひとつひとつ疑いを潰すように丁寧に解説してくれる先生。


採血も 中性脂肪が低、コレステロール高
というくらいで 問題なし。



「こちらが24時間心電図の結果ですね。」

ザバっと茶封筒


1.5cmくらいの分厚さに重なるA4コピー用紙には
わたしの鼓動のジグザグが記録されているのであった。

24時間心電図は腹から胸にかけてパットを9箇所くらいつけて、
お腹に6cm四方のデバイスもくくりつけて
「いま動悸きた!変な感じ!」というときにデバイスにある
〈EVENT〉 というボタンを押すのだ。
デバイスの画面には たまごっち仕立ての時計がピコピコ光っていて、ちょっと可愛い。



わたしは1度、〈EVENT〉を押した。
それ以外では ほぼ常に胸が詰まる感じとか、ドキドキしていた。




「ふつうの方でも、1日のうちに不整脈が数回はあるんです。
ですが ……… あなたはゼロです。」



ゼロ…… 。



「はい、ゼロです。ボタンを押してくれた 11:14 も正常でした。」



ゼロ…..。







「長野、いいな〜」
と言って診察室から見送ってくれた先生。



くまのっプー くまのっプー
まーるまーるとしたー
ちっさなくっま

〜♪ 〜♪

鼻歌がとまらず 駅前で小躍りするわたし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。