観ることは美の創造

本日は丸一日、算命学の授業でした。

きょう、授業の中の例え話にオランダの画家 ゴッホ がもちあがりました。
Vincent Willem van Gogh 1853-1890

日本でも、今「ロンドンナショナルギャラリー展」で《ひまわり》が来ていますね。
東京開催は今月に終わって、来月は大阪にやってきます。


師はゴッホの作品が生理的に「無理」だったそうで。
アムステルダムにあるゴッホ美術館に行ったとき、あのタッチに囲まれて もう居た堪れなくなり 施設から脱出してカジノへ向かい ボロ負けしたと話していました。

授業の中では 突然 師匠から質問を投げかけられることが多いのですが
わたしが 仮面画家 ということもあり 指名がかかります。

ゴッホどう思う?

「私は好きでも嫌いでもないです。大学の時に授業でゴッホを研究して、描画を再現する課題がありましたが。それくらいですね。」

と答えました。


結局、ゴッホの絵は対1枚で見るなら大丈夫だけど、
複数に囲まれたからアカンかったのでは? と傍にいた社長さんが諭して
ゴッホの話は終了しました。

その話題が過ぎたあとも わたしは授業を追いながら 悶々としていました。


自分が真に「そう信じている」ことを 咄嗟に口言葉に変換できなかった悔しみ。



「観る人の眼が その《ひまわり》を芸術にするのです。師が見た《ひまわり》は芸術でなく、の 気味の悪い布だったのでしょう。」


と 言葉を引っ張り出せなかったんだ。

意図を持って着色された布あるいは紙 即ち 物質は、
観る人が発生したとたん画家の所有じゃなくなるんですね。
観る人に観られて その人の視覚神経を通って感情を司る脳の領野が反応する。
眼の前の《ひまわり》はゴッホ自身でもないしゴッホのものでもない、ロンドンナショナルギャラリーのものでもなくて 、観て その人が琴線を震わした瞬間に 観た人の所有 になるんだ。

冬の冷たげな雨音が 人の感覚器官を振るわせて それが美ならば その雨音が芸術だし
絵画に限らず、芸術作品は 観る人読む人聴く人がいなければ 芸術ではない。


だからわたしは今まで描き貯めてきた 着色した布あるいは紙を 手放すことに決めたんじゃないか。そうだろ。


……………………………………………………

緊張感のある人間の前で 剥き出しの表現をできないのは 幼少期から身についた独特な処世術というか癖だし
(きっと親だとか目上や世間から、異常者だと思われることが 怖いのだろう)


わたしの師匠はとても正直な気質の持ち主で
思ったことはそのまま口にするような剥き出しの人間なので
そういう人物と ほんまもんのコミュニケーションをとるなら
こちらだって丸裸になるしかないな、とつくづく思います。

本心を咄嗟に口言葉にできなくて悔しい、
と思うということは その人物と 本当のコミュニケーションを図りたいという好意です。


それでも 役所の人など一度きりの人、
裸になったとたん ムキになって攻撃体制になり こちら側のエネルギーを無駄に消耗することになりそうな人 (つまり、闘争という莫大な エネルギーを費やす価値がないとおもう相手) には 衣をかぶって生身を隠すのは 自分を守るために使う術です。


自分の化けの皮を剥がすのって とても難しい!
一体 何枚かぶってるんだ? と 今日のようなことがあるたびに 毎度思う。

drawing #1 Nanako Mikawa 2018


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。