「占いに興味がない人」からの感想




連休前 人生の軌道修正を目論んでいる青年に
こちらから仕事をオファーし
偶然的に 採用され

せっせと作り込み
分析した文章を 送りました



この方は 「算命学」を知りません
占いすら 興味がない人です

ひとつの意見として 軽い気持ちで
採用してくれたのだと思います

文章を送ってから
もう数日お返事がなかったので



完結したのかな

静かな気持ちでいたのですが



おととい わざわざ、
わたしが書いたそれと 同じくらいのボリュームで
鑑定に対してのフィードバックと
率直な意見・感謝・驚きの気持ちが送られてきました




日付をこえていたので
寝支度をしていたのですが

その文章を読んで
もう いてもたってもいられないほど
「こちらこそ」勇気づけられ..





ふつうのプロセスでは


なにかに迷い晴らしたい人がいて
「占い」という発想が浮かび
検索したり 調べたりして
その門を叩くものです

「占い」という発想が浮かぶ
ということは少なからず
興味をお持ちの方です


けども彼は

占いという発想は自発的にはありません

しかも算命学紙面上では
めちゃくちゃ 現実寄りの人

なので 文章では 業界用語はほぼ使わずに
フラットにアイディアを現しました

そしてお土産として

星だの 天冲殺だの、を
交えて考察した 書類を添えました

人生軌道修正するのならば
たとえ怪しまれたとしても
これは絶対 プラスになると思ったので


(鑑定ソフトをもっていないのでハンドメイドです..)









「占いに興味がない人」からの感想が
フレッシュで 素直に嬉しく
部分的に書き写し 学習ファイルに挟みました


そして、いままでの友人(実験台になってくれた) からの感想も
掘り起こして 書き留めました





青年からの言葉は
事業をはじめ迷いに迷っているわたしが
逆に 励まされるものでした

今回の鑑定はいい意味で驚かされたということ

自分の性質のことをまるで知っているかのように書いていること

正直、眉唾物だと考えていたが とてもテキトーなことを
言っているのだとは 思えないということ

鑑定の結果抜きにしても 占者自身の意見が的を射たものだということ




表現を変えていますが 長いフィードバックの最後の文章でした





こんなん
小躍りしないわけがないでしょう…






算命学は世間では「占い」というカテゴライズですが

適当でも 偶然性・霊感を頼りにしたものでもありません

なので現実主義な人には 肌馴染みはいいです


いや、迷っている現実主義な人ほど 算命学は合理的だと思います


「占い」というカテゴライズ 思い込み が邪魔をします





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。