孤独・自由奔放・荒野





これは「善い」とされていたものが 実は「悪く」て その悪みを排除しようと更に何かに手を出しても、それにも別視点での悪さがあったりして。善いか悪いかの二元論の世界にいる限り どこに行っても安心というタオルケットに包まれることはない。


唯一の白にたどり着いたとして ではその周りは?

唯一のをつくることは その境界を超えたら だ。


そのもの 自体は 善い・悪いの 計らいはなく ただそこに存在しているだけであり

善し悪しは 誰か(who) わたし(I) が 作った偏見。



汚れなき時代の、古くの人々の生活を理想『本来』とするけれど
その人が100人いたら うち何人が100歳まで生きられただろう。

荒野に住む 獣だって腹に寄生虫を抱えている。住んでいる環境には毒の植物や動物がそこかしこにいるだろう。




人は自力で生きているつもりでも
先達の知恵と プロフェショナルの生産から完全に逃れることはできない。
全て自分でまかないきれるほど 時間も身体もないのだ。


ここに今 わたしは一人しかいない 。
誰にも迎合しない。信じられるものなどいない。
と厭世しているわたしの股間にはおそらくパンツが纏われていて

下着は形状の考案があり その素材を育む人がいて 素材を裁縫する人がいる
さらにその先には 下着を店に届ける運転手がいて 販売する商人がいる


一人で子どもを育てている
と思っていても そこにあるのは「孤独感」だけで「孤独」ではない。

建物にいるのなら雨風から 赤子とあなたの体温と静寂な時間を守ってくれる。
洗濯機があるならば あなたが汚れ物にかかずらう時間を1時間割いてくれる。
画面があるならば 赤子に数十分の楽しみと あなたに数十分のユルミをもたらしてくれる。


それらは あなたが考案・発展・製造したものではない。

いろんな人が計らずしも 子育てに参加している。

また、妊娠できなくても あなたは巡り巡って 子育てに参加している。







このように、
ものひとつとっても 考案と発展の歴史、製造者からエンドユーザーまでの工程、たくさんの人・時間がつまっている。


たくさんの手が加わったのであれば そこには大なり小なり見えない善悪がいっしょくたに含有される。







算命学で 真に生きる とは

気・心・体が一致している状態




十大主星では鳳閣星的、無為自然な状態・あるがままの状態。


想念(欲望) → 心(決定) → 肉体(行動) が スーッと連携している状態。


そして そもそも 真に生きることの出発点は


石門星的・清濁併せ吞む状態である。


それを真の和合という。それは

全てのことに完全に責任を負う覚悟と行動



なのだが、わたしはシンプルに、石門の常套句「清濁併せ吞む」につきる、と思っている。

それこそ自由奔放の世界のヒントなのだと。


肉だけでなく骨も内臓も目玉も食べる。
実だけでなく皮も食べる。
玄米を食べる。白米も食べる。
無農薬食品も食べる 添加物も食べる。



善悪の世界で善悪を取り入れていくホールフード的な完全降伏。



主客未分以前。


玄のまた、玄。





100%の安全なんてあり得ない

でもそれこそ 「生きている」という全生物の共通項

ゆえに自由で自然



そうおもう


✷ 関連記事 ✷

【記事抜粋】

玄が白も黒も包含しているんです。

老子の言葉に「同謂之玄。」
「同、之れを玄と謂う」とあります。

有も無も、黒も白も、わたしもあなたも、甘いも苦いも、
名前と性質が異なるだけで、出どころは同じよ。その「同出」が玄。
これは算命学の一極二元論の一極にあたると思うんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。