こどものこと




夏の間、親と離れて祖父母と暮らしていた息子

8月に彼を新しい住まいへ連れて帰りました



そのあと幼稚園の面接

その一週間後に入園




一週間で入園準備



どたばたなのは自分のせいなのです




必要なもの 全部、自分で作ろうと思ったから


好きなんですよ ものづくりが..



ミシンは苦手なので 極力避けたい仕事です

15cmに1度 グジグジになって停止します
下糸から4本くらい糸出てくる、なにこれ

30cm縫えたら 運が良かった、と胸を撫で下ろします(笑)

ジグザグ縫いで、ほつれ止めだけお世話になる



あとはひたすら手縫いです

Backpack

手持ちバッグとお揃いのリュックサック


庚から生まれた司禄星をもっているので
小さな積み重ねの仕事を
短期間で実現させませす
(ただし粗ありですよ)



入園までに全ては揃わず、息子を預けた足で 日暮里の繊維商店街までいってきました。


美大生のとき、テキスタイルデザイン学科 (布関連のデザイン) の子たちから〈日暮里〉という地名がよく出てきたことを思い出します。




初めて日暮里駅におりました。

布小物屋さんでは「この布いいじゃん! カーテン作ろうかな。そうすると何m 必要だ ? 」と 用事以外のことで 居座ってしまうんですね。2時間強 うろうろしていました。

桃のカットクロスに一目惚れ。
園から持ち帰る お便り入れはこの布にきめました。




9月1日に入園したむすこ。

この日はひどい土砂降り。むすこにレインコートの下を着させることを横着し、湿った服で幼稚園に到着です。すまん。


送りとどけて 事務室で手続きをしてから お教室をこっそりのぞいてみると


なにをしたらいいのか分からないのか 教室の真ん中で 皆を観察しながら立ち尽くしていた姿があり、胸がキンっとなりました。


お弁当の蓋をあけたらテンション上がるだろうから、弁当に願掛けしながら わたしはバス停に向かいました。ぶどうを入れておいてよかった。




家に到着して2時間後 (早ぇ…) にお迎えにいくと


先生

「最初は戸惑っていたのですが クラスにはお世話好きの方もたくさんいらしゃって、ここだよー!といろいろ案内していた姿がありました。慣れてきたら、お友達も(あれ?最初からいたよね) という感じで ほんとうに自然に遊んでいましたよ。 」


「みんなの前にたって 自己紹介をしたんですけど..」


好きな食べ物は?


干し芋!!!!!!!!


「と大きな声で言って、お友達はポカンとしていたけれど わたしたちは笑っちゃいました」





彼が最初に口にした固形物は干し芋だった

かたーい干し芋を 歯固めに与えていた

そういうことを思い出した


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。