【工作】ミニ・デロンギオーブン






我が家から 電子レンジがなくなって4年になります。


広すぎない賃貸に住んでいて これからもしばらくはそんな暮らしが続くのだと思います。

家電製品は実利性があるものを最低限に、という考えから 台所には 冷蔵庫・オーブン・ハンドブレンダー の3点です。炊飯器もありません。鍋で炊いています。





このデロンギ社のオーブンは ① 温度 ②時間 ③焼き方、の3種類のつまみがあって 出来上がるとタイマーがはじけ「チーン」と音が鳴るクラシックな仕様。シンプルさに惹かれて購入しました。

5種類の焼き方モード や 温度別テクニックがあるようですが、180-220度の範囲内でパンを焼いたり 魚・骨付き肉を焼いたり(放り込んだり)、愚直な活用をしています。






2歳の息子は このオーブンを目にして過ごしてきました。彼の中の「オーブン」といえば 白と黒と、赤いつまみがついたもの。


以前、ガスコンロを段ボールで作ったのですが (下の画像3枚目)


今回は同じスケール感でオーブンも作りました。もちろんデロンギをイメージして!



作ろうと思ったときには運良く廃棄寸前の ZOZOTOWN のダンボールが隅に置いてあって、そうなったら〈今〉作るしかありません。
ZOZO はあまり利用しませんが この黒い段ボールは 「子ども家電」としていい仕事をします。色も厚さも。





設計図はなし。鉄は熱いうちタイミング命。



下書きや 採寸 仮止め 仮縫い 展開図 のような下準備は潔癖な作品を作るときにだけ。


設計図がないと良くも悪くも、合ってる・間違えてる の基準がないから 低いモチベーションでも身体だけは燃焼しつづけることができる。


わたしは家庭で使うものなら イビツであってもいい。


おおまかな設計や理想像は頭の中にあってそれを再現するのみ。




  • 果物が入っていた箱 → 本体
  • 黒い箱 → 内側と扉
  • 果物がくるまれていた不織布 → 扉のガラス
  • 赤い布(シーツをちぎったやつ) → つまみ
  • マグネットシール (100均)

費用 100円



本体は、でんぷんのりを含ませた白い紙でコーティング。




案の定、間違えて作り直して 右往左往しているうちに、こんな小さなオーブンを作るのに5時間くらいかかりました。友人に「これ量産してメルカリで売るといいよ」と言われたけれど 割りに合わないと思います。


子どもの道具や服を 思いつきで作り始めては「なんでこんなことを始めてしまったんだろう」といつも後悔しながら作業をしています。でも始めてしまったら慣性の法則のようなものが働いて、終わらせるまで終われない。








チキンを入れるとなんて可愛いんだろう!

こんなことってある!?

5歳くらいに戻って、フル活用したいよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。