中庸






中庸は 楽で 安で 静で 無意識で 無限です

宇宙=大自然 の 唯一の用(はたらき)は 中庸を保つこと

宇宙は中庸であるから 在り続けている


ここでいう宇宙とは

あなたも わたしも
楊梅も あの山も 国土も

認知できる観念

あらゆる全てのことです




たとえ どちらかに バランスが偏ったとしても
それと同じ分 対にエネルギーを発揮して
結局は 中庸の もとどおり


そのものなりの 絶妙な中庸があって
偏っていても バランスがとれているから
いまここに あるのです




中庸(バランス) が 50 とするならば

アンバランスは 最下 0 と 最上 100





生まれてから 今までにしても

0 と 100 に振れることなく

50 前後 で すーっと生きてきた人も います


この人が 認知しているのは 50前後の実体験だから
その人からみた「あなた」もまた
同じように 50前後 のように映ります

50というスケールのなかでも
50という枠なりに 0か100という下限上限はあります





一方





0 と 100 の間を 上下して 生きてきた人もいます
自ら 0 とか 100 にダイブする人もいます


不足の感覚も 飽和の感覚も知っている人


そんな人は 不足と飽和を体感し

自分なりの 中庸 50 を知ります







上記の生まれながらにして 50 でありつづけた人が

何かをきっかけに 0に下降しはじめたとき

反射で 50 を保とうとし葛藤がおこりますが

下降こそが 自然の流れの場合

いっそ 0に下降して 不足を知る

そのあとに舞い戻った 50は

前回の50とは 別次元の50です

100 への上昇 も また同じ





不快感があったら 辞めて 最短で50目指せばいい
0を味わえというのは 老害



という人こそ 実は


0も100も知っている人だと思います





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。